韓国Hardkernel社製携帯ゲーム機「ODROID-GO Advance」

携帯ゲーム機「ODROID-GO Advance」嫌儲価格

携帯ゲーム機「ODROID-GO Advance」嫌儲価格

販売価格: 8,800円(税込)

完全予約注文品
数量:

商品詳細

ネット通販のゲームガジェット(東京都港区)は、韓国Hardkernel社製携帯ゲーム機「ODROID-GO Advance」の国内販売を開始すると発表いたしました。

ODROID(オドロイド)シリーズとは、韓国Hardkernel社が開発している、ARMプロセッサを搭載した携帯型ゲーム機、タブレット、シングルボードコンピュータのオープンソースを志向した製品群です。

今回の「ODROID-GO Advance」は、韓国Hardkernel社が創業10周年を記念して発売した「ODROID-GO」の新ラインナップです。

ODROID-GO Advance Game Test
https://www.youtube.com/watch?v=okVJe6ywc4c

「ODROID-GO Advance」は、組み立て型で、横長の携帯型ゲーム機タイプです。3.5インチカラー液晶と、最大10時間持つバッテリーを搭載しており、カーソルキーやA/B/X/Y、L1/R1ボタンほかゲーム機として必要な入出力インターフェースが揃っています。強力なRockChip RK3326搭載で、16bit/32bitゲームエミュレーターをサポートしています。

種別:海外輸入商品、並行輸入、ベンチャー商品
製品名:韓国Hardkernel社製携帯ゲーム機「ODROID-GO Advance」
開発製造:韓国Hardkernel社 https://www.hardkernel.com/
製品公式サイト:https://www.hardkernel.com/shop/odroid-go-advance/
製品公式組み立てWiki:https://wiki.odroid.com/odroid_go_advance/go_adv_assembling
輸入代理店:ゲームガジェット https://www.gamegadget.jp/
予約受付開始:2020年1月17日
メーカー出荷開始予定:2020年1月末
嫌儲価格:6,000円(税送料込)1月末日迄の早割特価。通常価格8,800円(税送料込)
お得価格:8,800円(税送料込)2月10日迄の早割特価。通常価格9,800円(税送料込)
特急便:9,800円(税送料込)2月10日迄の早割特価。通常価格10,800円(税送料込)
嫌儲価格は「利益?送料?税金?そんなの知るか。原価でよこせ。その代わり納期不問、初期不良対応、アフターサービスは一切なし。」です。
お得価格は安値優先。数をまとめて手配するため、納期は当店おまかせです。
特急便は納期優先。可能な限り優先して早期に納品します。
販売方法:直営店の完全予約販売
販売URL:https://www.gamegadget.jp/
仕様:
OS:Ubuntu 18.04(Linuxカーネル 4.4.189)
UI:EmulationStation
CPU:RockChip RK3326(クアッドコア ARM Cortex-A35 1.3GHz)
GPU:Mali-G31 Dvalin
メモリ:1GB (DDR3L 786Mhz, 32 Bits bus width)
ストレージ:SPI Flash(16Mbytes Boot)、Micro SDカードスロット(UHS-1 Capable I/F)
ディスプレイ:3.5インチ、320×480 TFT LCD (ILI9488、MIPI I/F)
オーディオ:イヤフォン端子、0.5W 8Ω モノ
バッテリー:リチウム充電池、3.7V/3000mAh、最大連続10時間ゲームプレイ
本体サイズ:155×72×20mm
本体重量:170g
DC端子:直径2.5mm、USB充電ケーブル同梱
外部I/O:USB2.0ホスト×1、10ピン端子(I2C/GPIO/3.3ボルトのIRQ)
入力ボタン:
F1/F2/F3/F4/F5/F6、A/B/X/Y、カーソルキー/L1/R1/アナログジョイスティック
消費電力:ゲームエミュレーション;100〜115mA、スリープモード;5.3〜5.8mA、電源オフ;0.1mA
ゲームエミュレーター:
・Atari2600
・Atari5200
・Atari7800
・Atarilynx
・ゲームギア
・ゲームボーイ
・ゲームボーイカラー
・ゲームボーイAdvance
・セガ・マスターシステム
・メガドライブ
・メガCD
・PCエンジン
・PCエンジンCD
・ファミコン
・スーパーファミコン
・PSP
・PlayStation1

危険・リスクに関する重要事項説明:ベンチャー商品とは、企業体力の乏しいベンチャー企業による商品です。遅延したり、品質が不十分だったり、倒産したりする可能性・危険・リスクがあり、保証・補償されません。原則的にキャンセルできません。もしキャンセルされる場合は違約金として商品代金の40%を申し受けます。万一、メーカーが倒産した場合は補償・返金できません。